photographie - チラシのデザインと印刷

チラシのデザインと印刷

なにかチラシを作りたいときにはデザインが大事ですよね。

▼ 目次

チラシは印刷もデザインもプロに依頼

これは自分で作れないわけではありませんができればプロに作ってもらいたいこともあるでしょう。
そのような依頼も多いですが、ついでに印刷もそのままお願いしたいこともありますよね。

どんなにいいデザインが作れても印刷しないことにはチラシとして使えません。
印刷も自分では難しいこともありますからどこかに依頼したいことも多いでしょう。
デザインと印刷で別々のところに依頼もできますが、同じ相手が全部やってくれれば手間も省けますよね。

そのような依頼も実は可能です。
チラシを作りたい方にとってはデザインも印刷も自分ではできないことが多いため、これら依頼を受けている会社ではデザイン制作と印刷の両方に対応していることも多いのです。
そのような会社ならチラシのデザインを作ってもらい、完成したらそのまますぐ印刷も終わらせてくれます。
そして最終的には完成したチラシが依頼主の元へ納品されるのです。
デザインがまだ完成していない段階からチラシを作りたいときなど、デザイン作りと印刷の両方に対応できるこれらサービスは大変便利です。
できれば同じ会社にすべてまとめて依頼したいときなど積極的に利用してみるといいでしょう。

プロに依頼する際に気をつけたいポイント

このような依頼がしたいとき、最初に気をつけたいのはその会社が引き受けられる依頼内容です。
チラシのデザインと印刷の両方への対応はできる会社も多いですが、すべての会社でできるわけではありません。
できない会社もないわけではありませんから、両方を依頼したいときは最初にチラシデザインと印刷の両方に対応できるのかよく確認しておくといいでしょう。

両方確かに対応できることを確認したら依頼をしていきます。
両方同時に依頼するときは最初の依頼の時点で印刷の枚数や用紙なども決める必要がある場合も多いです。
特にどれくらいの枚数用意するのかはその場ですぐに決められるとは限りませんよね。
何のためにどれくらいのチラシを用意するのか、依頼前に一度考えておくといいでしょう。

なお依頼できる部数ですが、チラシではかなりの数が用意されることも多いため、大量印刷にも対応できます。
1,000部単位で部数を指定できることもありますし、場合によっては10,000部以上といった部数でも対応可能です。
もちろんもっと少なくていい方向けに100部単位といった部数もありますよ。
どれくらいの数を必要とするかは人によってもかなり変わるため、どれくらいのチラシを印刷したいのか事前に考えておくといいです。

また、印刷も同時に依頼するならどのような用紙を使うのかも最初に注文が必要になることも多いです。
チラシによく使われる用紙とは光沢紙、マット紙、上質紙などになります。
どの用紙を使うかによりチラシの仕上がりも変わってきます。
そのチラシの内容や配る相手などによって紙を選ぶといいでしょう。

このような印刷についての依頼内容のほか、もちろんデザインについても注文を行っていきます。
このときはどのようなデザインがいいか注文するのです。
すでに自分でデザインの原案がある場合はそれを資料として提出し、その原案をプロに仕上げてもらうように依頼します。
このような依頼だとどのようなデザインのチラシが完成するか、かなり具体的なイメージができるため、安心して依頼ができるでしょう。

原案が完成していなくても資料や素材を用意しており、それを組み合わせるように指示だけ出しておくと、プロがうまくデザインとして完成させてくれます。
こちらも完成のイメージがかなり具体的につくため、安心して依頼ができるでしょう。

そのような具体的な指示をせず、デザインを一から作ってもらうことも可能です。
ただしこちらの場合はデザインの方向性などを具体的に指示していないと、自分のイメージとはかなり違うものが提案される可能性もあります。
それでも問題ない方はいいのですが、自分のチラシのデザインとしてなるべく押さえたいポイントがある場合はそこをしっかり依頼しておくことが大事です。

いずれかの方法で依頼をすると、その依頼の通りにデザインを完成させてくれます。
そして印刷も一緒に依頼しているならそのまま印刷し、チラシを完成させてくれますよ。
このようにチラシのデザインと印刷の両方をまとめて依頼することは可能です。
ただしご紹介したようにまとめて依頼をするなら最初の依頼の時点で印刷の条件についてもすでに指定が必要になる場合もあります。
デザインが完成する前の時点で印刷の条件についても決定するのは少しやりにくいかもしれませんが、まとめて依頼をしたいならできればこれも決めておきましょう。

さいごに

ただ、依頼の前の時点ではわからないことも多いですよね。
たとえば印刷する紙の種類などどれがいいのか、事前に決めるのは難しいことも多いでしょう。
これらわからないことは最初の問い合わせの時点や、正式な依頼をした後に行う打ち合わせなどで相談もできます。
そのようなときに改めて相談の上で決めてもOKですから、ひとまず自力で決められることを確定した上で依頼の相談をしてみるといいでしょう。