チラシデザインの依頼

HOME » 印刷 » チラシデザインの依頼

チラシデザインの依頼

用意したいチラシの部数や紙の種類などはすでに決まっている方でも、デザインをどうするかで悩んでいる方もおられますよね。
これにはセンスが必要になりますから、印刷の条件と違って事務的に決められないこともよくあります。
そのようなチラシのデザインは依頼することでプロに作ってもらえるのですが、そもそもどのように依頼すればいいかわからないことも多いでしょう。

デザインの依頼をするときはどのようなデザインがいいのか、依頼人の方から仕様書のようなものを作り依頼することが多いです。
一番確実性が高いのはラフでもいいので完成品のイメージを依頼人の方で作る方法です。
ラフに載せるのは全体のレイアウト、キャッチコピーの文面、各部位に載せるコピーや説明文、画像・イラストなどになります。
これらを自分で作れる方はラフを作って依頼すると、イメージ通りのデザインのチラシが完成しやすくなります。

ここまでの詳細なラフを自分では作れない場合は、簡単なラフだけでも作れないか考えてみてください。
たとえば全体のレイアウトは決めるものの、具体的なキャッチコピーや挿入する画像やイラストは業者に任せるといった形です。
キャッチコピーは何をPRするものなのか、画像やイラストは具体的にどんなものがいいのか、方向性だけを指定しておけばそれに合うように業者の方で作成してくれます。
全体のレイアウトや各パーツの方向性だけでも指定しておくと、希望に近いチラシが完成しやすくなります。

ただ、このような簡単なラフも自分では作りにくい方もおられるでしょう。
そのようなときはすべて業者に任せるといった依頼を考えるといいです。
料金が高くなったり、対応できる業者が少し限られたりすることもありますが、チラシのデザインを一からすべて業者が対応してくれる場合もあります。
ただしこちらを利用するときもそのチラシでPRしたいことや、完成品に求める条件などはできるだけ具体的に指定しておく必要があります。
完全にお任せで制作できる場合もありますが、その場合は思っていたものとまったく違う仕上がりになり、しかも無料では修正できない場合もありますから、詳細は完全に任せる場合でも押さえるべき条件はなるべく具体的に指定しておくことが大事です。

チラシのデザインの依頼はこのように行います。
印刷の条件のように事務的に決めにくいところがあり、依頼もやりにくいかもしれませんが、どのようなデザインがいいのかなるべく希望を具体的に決めてください。
ある程度の条件が決まれば業者への依頼ができ、いいチラシのデザインが完成しますよ。