チラシ制作の見積

HOME » 印刷 » チラシ制作の見積

チラシ制作の見積

チラシ制作を行うときには見積が提示されます。
これにはチラシ制作でかかる費用が書かれていますからよく確認することが大事です。
まず確認したいポイントはそれがデザインの制作と印刷の両方を合わせた費用になるのかどうかです。
これら制作会社ではデザインの制作と印刷の両方を対応する場合も多いですが、どちらか片方だけの対応となる会社もあります。
見積を見てきちんとデザインと印刷の両方に対応できるか、よく確認してください。

ポイントになるのは費用の内訳です。
デザインと印刷の両方に対応できる場合、デザイン制作費と印刷費の両方がそれぞれ載っていたりします。
そのような見積なら安心ですね。
金額の内訳の項目が1つしか載っていなくても、これらチラシ制作ではデザイン・印刷の両方を込みで値段設定をしている会社もありますから、個別の費用が書かれていなくてもすべての依頼ができている場合もあります。
その費用の項目にデザイン・印刷などと書かれていれば、それがデザイン費と印刷費の両方を合わせた値段となりますから、すべての依頼ができていることになります。

見積の項目が1つしかなく、それが何の費用なのか具体的に書かれていないときは、それがきちんとデザイン制作費と印刷費の両方を合わせたものなのか、業者まで確認するといいでしょう。
このような確認をおすすめするのは、行き違いがあって依頼内容が正しく伝わっていないこともあるためです。
そのようなズレがないようにお互いに確認する意味もありますから、見積の詳細はよく確認してください。

また、デザインと印刷を含めたチラシ制作がスタートするのは、このような見積の確認も終わり、正式に依頼をしたあとになります。
これ以降は正式な依頼となって費用も発生し、無料でのキャンセルなどはできない場合も多いですから、依頼内容に間違いがないか見積で改めてよく確認したいのですね。

もちろん金額の確認も大事です。
事前に説明を受けていたり、HPなどで確認していたりする場合、これくらいの費用だと依頼人の方でイメージがある場合も多いでしょう。
そのような金額と実際に提示された金額とに違いがないか、やはりよく確認してください。
もし金額が違っている場合、なにかサービス内容を誤解しているか、依頼内容がやはり正しく伝わっていない可能性があります。
見積の時点では依頼内容などは変更可能ですし、キャンセルもまだ可能なことが多いです。
依頼した内容や思っていたサービスと違いがないか、見積をよく見て確認してくださいね。