チラシ印刷にかかる費用

HOME » 印刷 » チラシ印刷にかかる費用

チラシ印刷にかかる費用

チラシのデザインと印刷をまとめて依頼するとデザインの費用に印刷費が上乗せされる形となります。
このときチラシは1,000部から10,000部といった単位で用意される場合もありますから、印刷費用としてどれくらいかかるのか気になる方もおられるでしょう。
これについてですが、チラシの印刷費自体はそれほど高額なものではありません。
業者によって値段設定もかなり変わるのですが、A4用紙の片面印刷の場合、1,000部刷っても3,000〜5,000円といった費用で印刷できることも多いです。
10,000部を超えてくるとさすがに費用が少し高くなりますが、それでも1〜2万円台の費用で済むことが多いです。

ポスターなどを制作する場合、1枚だけ印刷するだけでも2万円台が最安となるくらいの値段設定ですが、チラシの場合は大量印刷が前提となることも多いため、かなりの部数を用意しても意外と費用がかからない場合もありますね。
ただし、やはり印刷自体に費用は掛かりますし、大量印刷するほど費用は高くなります。
10,000部以上といった大量印刷をしたい場合は印刷費についてはよく確認しておくといいでしょう。

また、これら費用は用紙の種類や厚み、印刷する部位によっても変わります。
チラシを作るときによく選べる用紙の種類は光沢紙、マット紙、上質紙などです。
この中で一番費用が安いのが光沢紙、高いのが上質紙となります。
費用をなるべく抑えたいなら光沢紙が向いていますね。

光沢紙とはどんな紙かというと光沢が非常に強く、触ったときの感触がツルツルしている紙となります。
ボールペンなどによる書き込みはあまりできません。
新聞の折り込み広告の用紙としてよく使われる紙です。
そのようなチラシになっても大丈夫なら光沢紙が安くてお得ですが、もっとざらざらした紙の方がいいなら上質紙が向いています。
これはコピー用紙としてよく使われる紙です。
費用との兼ね合いも含めてどれがいいか選ぶといいでしょう。

用紙の厚みも費用に関わる条件ですが、これはそのまま1枚当たりの紙の厚みになります。
薄い方が費用も安くなりますが完成品はペラペラのチラシとなります。
厚みがあると費用も高くなる半面、完成品はしっかりしたチラシとなるのです。
このような用紙の条件のほか、印刷するのが片面か両面かによっても費用は変わります。
両面印刷を選ぶ方が印刷費も高くなります。

このように印刷費はいろいろな条件で変わります。
費用を抑えたいなら各条件で費用が安くなるものを選び、それで具体的にいくらとなるのか依頼前によく確認するといいでしょう。